アクセスランキングで考察する海外FX業者の実態

今回の検証の動機

これまでも海外業者の出金拒否や利益消滅等・・・悪徳対応の存在はあれど、明確な判断をしてくれる場所はありませんでした。

元々海外の業者なので、日本語では情報収集にも限りがあり、かといって海外の口コミサイトも信用できず・・・どうしたものかと悩む人も多かったと思います。

さらにここ最近の世界的な規制強化に伴い、規制の緩いライセンスを取得したグループ会社に顧客を誘導している業者も多く益々不安になっている人もいると思います。

比較的、目にするXMもCoincheckの件同様、広告を頻繁に見かけるからといって高品質な業者と断定できる材料もないのが現状です。

また、出金拒否など具体的なことをアップしてる人も見かけますが、出金ルールをよく理解していないだけのトラブルなど、顧客側の理解不足による問題も散見されます。

そこで、これまでとは違った面から海外業者を評価してみたいと考え、今回の検証を行ってみたしだいです。

今回の検証方法

SimilarWeb※1のアクセスランキングを利用[2018/07/22時点]
※1 SimilarWebは世界中の企業にWeb解析、データマイニング、ビジネスインテリジェンスサービスを提供している。

対象業者

Axiory, BIGBOSS, FBS, FXDD, FXOPEN, FxPro, Gainsy, Gemforex, GrandCapital, HotForex, , iforex, is6.com, IFC Markets, Land-FX, MAXFX, Titanfx, Traders-Trust, Tradeview, VARIANSE, XM

業者は私が開設したところを中心にチョイスしました。
各業者の細かい内容については、いつか記載したいと思います。

設立年度に応じた考察結果

新興ブローカー:設立10年未満
老舗ブローカー:設立10年以上

老舗ブローカーはやはり長いだけに、総じて100万位以内だが新興ブローカーは

最高レバレッジに応じた考察結果

やはりピンク色枠から推察するに、ハイレバレッジのサービスを提供する業者は人気が高いことが分かります。400~500倍は業者が多いだけにその他の要因によるためかランキングもバラつきが散見される。

アクセスランキング

パスワードを入力してください。

※海外業者ランキング一覧を御覧になりたい方は、『寄付』をご参照ください。

まとめ

アクセスランキング上位業者ほど、知名度が高い業者かと思いましたが、そうではないように感じました。

また、必ずしもアクセスランキング上位だから高品質とは限らないケースもあるのではないかと思いました。
例えば、・・
IBが高額なために宣伝力が強い
→言い換えれば、その宣伝費用は広いスプレッド悪質なストップ狩りによって賄われているかもしれない。

また、このアクセスランキングは中身によっても捉え方が変わってきます。
先進国を始め、少子化傾向の国民(所得が高いために運用額が高額になるため)の知名度が高く、利用者が多い業者と発展途上国などをターゲティングして広告している業者とでは、ランキング上位だからといってもサービスに差が出てきます。

さらには、よく見かける「アメリカ合衆国や北朝鮮、ミャンマー、キューバ、スーダン、シリア、並びに、イラン、イスラム共和国の居住者にサービスを提供していません。当社のサービスは、18歳未満の方はご利用頂けません。
当サイトは、日本国内で金融サービスを提供することを意図したページではございません。」とあるように全世界の人が平等に業者を利用できるわけではないということです。

ただ、長期的に見たとき、顧客の入金できる資産にも限界があるので、顧客の利益を蔑ろにするようなサービスを提供していれば
最終的に広告費用>入金額となり悪質な業者は排除されるはずですが・・・