Parabolic SAR & MA

画像

[ツール]:TradingVeiw
[コメント]
Parabolic SAR、MAを軸にしたストラテジーの紹介。

[インジケーター]

  1. Parabolic SAR [0.02, 0.2]
  2. SMA[100]
  3. EMA[100]
  4. BB[75, 3σ]

売買ルール

  • SMA[100], EMA100]以下でSARを下ブレイクしたときは、売りシグナル
  • SMA[100], EMA100]以上でSARを上ブレイクしたときは、買いシグナル
  • SLは SMA[100], EMA100] もしくは、反対側のSARとする

解説

Point 1
売買ルール通り、売りシグナルが出現。この場合は、SLは30Pipsほどの設定になりそうです。利確ポイントはインジケーター、ATR、RR比などを用いて設定することになります。

Point 2
小さなボックス相場を形成していましたが、再度SAR下限をブレイクしたので売り優勢となりました。

Point 3
この設定のBollinger Bandでは、2回目以降の接近は反発する可能性が高いので、BB値から50~100Pips程をSLとして逆張りを狙いたい。 利確ポイントは、このチャートの場合、SARに接近したときになります。

Point 4
売買ルール通り、売りシグナルが出現。結果としては、トレンド終盤だったため大きな下落はしませんでした。ポイント1, 2を踏まえるとSAR下限ブレイク後、5本足以内に大きな下落が起きない場合は様子見すべきだと思います。

Point 5
SMA[75]をブレイクしたため、下降トレンドは終了したと判断。

Point 6
売買ルール通り、買いシグナルが出現。しかし、ズルズル移動平均付近まで落ちてきました。でも、移動平均付近をサポートしてその後は強く反転上昇していきました。売買ルール通りであれば、ポジションは刈られずに生きています。

Point 7
再度売買ルール通り、買いシグナルが出現。BBに近づいたら利確とすべきポイント。すでに1度BBにタッチしているため。

Point 8
2回目以降の接近だったため、一旦反落していきました。