チャートで発見!!

[ツール]:TradingVeiw
[コメント]
BB ( Bollinger Band)3σ内は存在確率が約99.7%。ここでは、オレンジ色が期間25本、赤色が期間200本を設定している。サイトによっては3σは上記の存在確率から逆張りポイントといわれるけど、実際オレンジ色は見ての通り、逆張りサインとして機能していない。

BBの一般的な期間である14本であれば、尚更逆張りサインとしては不適当だと思われます。Bollinger氏が唱えている通り、あくまで順張りのサインとして活用すべきです。

前置きが長くなってすみません。

本日、私が言いたいのは、このBBをいかにして逆張りで使うか。私なりに考察して発見したことについてです。

ポイント1
期間25本のオレンジ色は、最安値が辛うじて逆張りポイントとして機能していますが、さすがに200本はサポートラインとして機能しております。本来であれば、レンジ相場⇒トレンド相場への移行する動きなので順張りすべきですが、スキャルピング目線では、逆張りポイントとして良さそうです。

ポイント2
トレンドが強いと、いかに存在確率 99.7%のσ3のラインでもブレイクしてくる事象が起きます。3σから乖離するほどV字回復になるような気がする。
この場合、ポイント1のサポートライン付近まで戻す結果となりました。サポレジ転換で再度トレンドは継続していくわけですが・・・

ポイント3
再度サポートラインをブレイクして深堀を続けようと試みるも、さすがにこの水準では短期勢の利確とイナゴのチャレンジが拮抗している印象です。最終的にイナゴ勢が勝ってブレイクするもすぐに利確されて、エリオット波動の5波を形成することに(∩´∀`)∩

まとめ
下記の注意点を考慮してストラテジーを構築したい。

  • BB (期間200本)の3σをブレイクしたら逆張り水準
  • 1時間足以上のみ機能しやすい
  • 頭と尻尾はあきらめないと死亡フラグ
  • エリオット波動理論を駆使して5波を狙えば、損小利大を狙える
  • 利幅はFR(Fibonacci Retracement)で目安をつける
  • どの通貨でも使えそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください