チャートのつぶやき [USD/JPY]

[ツール]:TradingVeiw
[コメント]
タイミングは米小売り悪化を受けてのドル売りだったわけだが、
テクニカル的にみると2018/09/13のサポレジ転換が起こったように見える。
その後は、一旦200SMA[110.15]付近で反発、ただ指標悪化のインパクトは大きいとみており、米中の通商交渉にケリがつかない内は下降トレンドが始まったと想定したシナリオで臨みたい。
その場合、現在のサポート[110.15]をブレイクし、FR23.6%[109.55~65]を目指すと思う。そこで反発したら、上値の重さを確かめるために再度110.15付近または200SMAのブレイクを試すと思われる。
その後は、FRの各パラメータを目指して下降トレンド継続とみている。
比率とサポートラインを見比べるとFR42.3%[109.45]付近まで落ちていきそうな感じがしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください