TradingViewの便利な機能 ~豊富な描画ツール~

目次

1. トレンドラインツール (14種類)

トレンドライン、インフォライン、トレンド角、水平線、水平レイ、垂直線、十字線、矢印、レイ、時間外、平行チャネル、非連結の角度チャネル、上下フラット、回帰トレンドの計14種類あり、主にライン分析する時に多用するツールが実装されている。個別の説明はおいおい記載したいと思います。

2. ギャン&フィボナッチツール (19種類)

ピッチフォーク、シフ・ピッチフォーク、変形シフ・ピッチフォーク、インサイド・ピッチフォーク、ピッチファン、ギャン・ボックス、ギャン・スクウェア、固定ギャン・スクウェア、ギャン・ファン、フィボナッチ・リトレースメント、トレンドに基づくフィボナッチ拡張、フィボナッチ・スピード抵抗ファン、フィボナッチ・タイムゾーン、トレンドの基づくフィボナッチ時間、フィボナッチ・サークル、フィボナッチ・スパイラル、フィボナッチ・スピード抵抗円弧、フィボナッチ・ウェッジ、フィボナッチ・チャネル の計19種類あり、 ピッチフォーク 、ギャン は主にライン分析する際に多用される。また、 フィボナッチ はサポレジの重要なラインとして意識されやすい。個別の説明はおいおい記載したいと思います。

3. 幾何学形状 (9種類)

ブラシ、長方形、回転長方形、楕円、三角、折れ線、曲線、2次曲線、円弧の計9種類あり、主にテクニカル分析する際、パターンの視覚化や今後の値動きの方向性を図示するのに使われる。個別の説明はおいおい記載したいと思います。

4. アノテーションツール (12種類)

テキスト、固定テキスト、ノート、固定ノート、吹き出し、バルーン、価格ラベル、左矢印、右矢印、上矢印、下矢印、フラッグマークの計12種類あり、主にトレード記録や解説のチャートを作成する際に使われる。個別の説明はおいおい記載したいと思います。

5. パターン (14種類)

XABCDパターン、サイファーパターン、ABCDパターン、三角パターン、3ドライブパターン、ヘッド&ショルダー、エリオットインパルス波動、エリオットトライアングル波、エリオットトリプルコンボ波動、エリオット波動 修正波、エリオット波動 複合型、サイクルライン、時間サイクル、サイン曲線の計14種類あり、主にパターン分析?する際に使うツールになります。エリオットやハーモニック、ヘッド&ショルダーなどを描きやすくする。個別の説明はおいおい記載したいと思います。

6. 予測&測定ツール (9種類)

ロングポジション、ショートポジション、予測、日付範囲、価格レンジ、日付と価格範囲、バーのパターン、ゴーストフィード、投影の計9種類あり、主にリスクコントロールをチャート上で視覚化するツールになります。このツールはMT4、cTraderにはないのでTradingViewならではのツールとなっています。個別の説明はおいおい記載したいと思います。

7. アイコン(358種類)

様々なアイコンが用意されている。その数は計358種類あり、上記にアイコンの一部を載せましたが、多種多様なアイコンが用意されています。アイコンを利用することでチャート説明時に多様な表現が可能になると思います。個別の説明はおいおい記載したいと思います。

8. ものさし

チャート上の計測したい箇所で左クリックをして、マウスを動かすことで測定できます。このツールでの測定結果は別の操作をすると消えます。また、ショートカットキーで使う場合は、Shiftキーを押しながらチャート上の計測したい箇所で左クリックします。クリックした後、キーとマウスクリックを離して、マウスを移動すれば同様に測定できます。

9. まとめ

ここまでTradingViewの描画ツールについて簡単に説明させていただきました。MT4cTraderと比較すると非常に豊富なツールを要しており、ライン分析を主体とするトレーダーにとっては有用な分析ソフトだと思います。また、各ツールの詳細については、別途記事を作成したいと思います。

全ての有料プランが30日間無料となっています。まずは以下の「無料お試し」からどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください