インカムゲインとして外貨定期預金を考察してみた。

最近、アフィリエイト収入があることでノートレでもイライラすることが少なくなってきたことに気づいた。

やはり定期的な収入があることは、やはりかなり大きい。しかも、毎日運用についてアレコレ考えないでも収入が入るのがなお美味しい(ΦωΦ)

そこで、インカムとしてどんな運用方法が一番私にあっているかを考えてみた。最初は、株式による配当を考えたが・・・どう考えてもキャピタルゲインの方が大きい。

かといって不動産はリスキー過ぎる・・

キュピーン(ΦωΦ)!!

外貨預金』があるではないか!!

と昨日調べて呟いたが、現実そう甘くないことが分かったので以下に記します。

単純に利率で絞ると・・・TRYZARしかないよね(´・ω・`)
ただ、FXではZARをほとんど触ったこともなかったのでどうなのって感じ・・・

まず、直近の年率(1カ月)は・・
TRY/JPY [新生銀行]

ZAR/JPY [SBI銀行]

ここ10年の政策金利の推移は・・
TRY グラフ

ZAR グラフ

TRY 一覧

ZAR 一覧
ここ10年の為替変動は・・
TRY/JPY Chart
下落率は76.71%

ZAR/JPY Chart
下落率は61.04%

見ての通り、単利運用もトントンか赤字、ドル・コスト平均法マーチン&ナンピンもタイミングを間違えると赤字NOWな状況が見てとれる。
※年率7%で10年複利運用すると2倍になるのは知ってた?

そうなってくると、近年ボックス相場を形成しているAUD, NZDの方が運用難易度は容易に見える。

AUD/JPY Chart
下落率は48.92%

NZD/JPY Chart
下落率は54.78%

ただ、どちらもドル・コスト平均法マーチン&ナンピンなどトラリピの要領で仕掛ける必要があるのは一目瞭然である。

その際、私がよく聞いたのは『AUDは80円切ったら買え』っていう格言だ。また、NZDはチャートから70円が現在のボックス下限に見える・・

これらのボックス相場はいつかブレイクすることを念頭に置かねばならず、その際下に行ったときの対応が難しい。

年内の底を探す方法としては、年初来高値から15%くらい下落が起こってから少しづつ拾っていけば良さそうである。※下記のチャートを参照

AUD/JPY Chart

NZD/JPY Chart

これ意外に方法がないかと思案したところ、今後、アメリカ経済が堅調に推移し利上げを行っていくならば、イスラム口座などでスワップフリーにした口座で順張りを仕掛けるのもよさそうだ。

USD/TRY Chart
この場合は、FXであることに気を付けたい(´・ω・`)それに長期保有となると業者も慎重に選ぶ必要がある。・・・システムエラーや指標、災害などのパニック相場で異常なスプ拡大に伴うストップ狩りが生じる可能性がる。

ここまで、『外貨定期預金』を軸に色々検討してみたが、やはり簡単で安全なインカムはないことが分かった。でも、長期投資も考えていたよりチャート分析より資金管理だけで利益が出せそうなことが分かった。

今後、少額づつでも色々考えてみたい(´・ω・`)
今回は、長々となってしまいましたが、ここまで読んでくださりありがとうございます。今後、読みやすいようにリライトや新しく記事を書いたりしていきたいと思いますので、皆さん宜しくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください